GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
日本ではなかなか目にすることの出来ない海外の実銃雑誌を紹介しようと立ち上げました。海外に行ったときに実銃雑誌を購入する時の参考になれば幸いです(中には日本で購入出来る雑誌もありますよ)。
また、実弾射撃の体験記も書いていますので参考にしてください
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



レミントン社の製品雑誌 Remington LIVE READY
20170618155730308.jpg


Remington (レミントン)の製品雑誌で、年に一回発行しているのか、していないのか分かりませんが、本号は2017年版です。
約105頁、$8.99で販売されています。

レミントン社の最新銃製品の紹介がメインですが、銃以外にはレミントン社製弾や、レミントン社以外の製品(ストックやサイレンサー、フラッシュ・ライト)も紹介されています。

表紙のハンドガンは、今流行りのストライカー激発方式、ポリマー・フレームで9mm弾を使用するRP9です。
装弾数は18発+1発と大容量ですね。
ようやくレミントン社もポリマー・フレームのストライカー式9mm(これとは別にRP45という45口径もあります)ハンドガンを作ってきました。
しかし時代の流れなんでしょうね、数年前にはついに1911クローンのR1を発売して、今回はグロック、M&Pなどの成功を見て焦ったのかどうかは定かではありませんが、似たようなトリガー・セーフティ機構を持つ樹脂製ハンドガン市場に参入してきました。
先行ライバル社の持つ機能を踏襲して、トリガー・セーフティ、交換式バック・ストラップ(グリップの厚みを調整するもの)、アンダー・レイルを持っています。
遠目ではスライド等の上部はM&Pっぽいと思いました。ハイ・グリップで握れそうなビーバーテール箇所はそっくりです。グリップ底部のマガジン・ウエル部分もそっくりのような。。。
記事中でレミントン社の開発者コメントとして、開発のコンセプトは単なるコピーでなく進化させたかった、と言っています。
私的には1911のR1を出してきたのと同様に、単なるコピー製品にしか今のところ思えませんが今後の各銃雑誌でのレビューが楽しみです。

他のハンドガンでは1911 R1や、コンパクトのRM380、R51が載っていました。
1911 R1は今までのクラシック・タイプでなく最新のタクティカル・モデルが登場します。また9mm仕様でダブル・スタック版(装弾数は19+1!)も紹介されていて、レミントンの1911が好きなら満足な内容です。
また、ハンドガン以外では定番のM700、M40ライフル、定番ショットガンのM870も出てきます。やはりこのベストセラーの銃が出てこないとレミントンではないですね。
M700は最新版のM700 Magpul (マグプル)が登場。ショットガンでは最新のV3 フィールド・スポーツがチョロっと紹介されています。

ショットガンのM870はホントに長く続いていますね。
下は20ゲージのM870。12ゲージに比べてリコイルはまろやか。
20170625185919367.jpg


今、レミントン社の散弾銃で自動銃だとVersa Maxが売れているようですがコンペティション・モデルとタクティカル・モデルの簡単な記事もあります。Versa Maxのタクティカル・モデルはフレーム上部にレール、マズルにフラッシュ・ハイダーが付いていて格好いいです。日本ではタクティカルはまだ売っていないと思いますが(既に銃砲店で売っていたらあればごめんなさい)、同じタクティカル系のベネリM4も人気なようですので売れそうです。

レミントン社の最新銃が多く掲載されていて、一社とは言えども十分な内容でした。


スポンサーサイト

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

最新のルガー Mark IVがリコールされていますね
ふとRuger(ルガー)社のHPを見ると、ルガー Mark IV (マーク フォー)がリコールされていますね。


22口径ピストルでロングセラーのモデルで最近テイクダウンが容易になった最新のMark IVですが、2017年6月1日より以前に製造されたものに欠陥が見つかったようです。

なんでもセーフティの切り替え(安全、発射)レバーを中間位置にしてトリガーを引くと弾は発射されないが、その後にレバーを発射位置にすると暴発するとのこと。
幸いなことにまだ怪我人等は出ていないようで。。。

ちなみに22/45やハンター、タクティカル等全てのモデルが該当して、シリアル番号が401とWBRで始まる番号とのことですんで、どっかで撃つ機会があれば念のため確認しておいた方がいいかの知れませんね。

簡単にテイクダウンが出来てボルトが外せられるようになり好評だっただけに残念ですね。
その後が改修モデルが販売されているので暴発の心配はないようです。

22口径ピストルでは一番好きなルガー Markシリーズです。
ちなみに下はオーストラリアの観光射撃場で撮った、今回とは関係ないMark III(実際は22/45)です。鎖に繋がれて可哀想。。。
201505102122038ef.jpg

関連記事

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

サバイバル系雑誌 SURVIVOR'S EDGE
2017061815573332a.jpg


生き残る為に必要な技術、銃の選び方、装備品を載せているサバイバル系雑誌です。
年4回発行のA4版で約130頁、$9.95で販売されています。

災害時や山、川での生存技術が主な内容で、銃自体の記事は少ないです。
また、自然界での生存が主体で、住居侵入、強盗、暴漢に対する自己防衛的なテーマも少ないです。

実際に起きた事故、災害を基にいかに生き延びたかを検証したり、必要とされる装備、銃や技術を紹介して、読者に常に備えよと伝えています。
また旅行先でのスリに気をつけろなど、細かいところまで記事にしています。

この2017年夏号の表紙は一見、エアライフルと思いきや、圧縮空気で矢を放つエアボウです。
アメリカでは弓矢、ボウガンでの狩猟が認められているのでこのような銃もあるのでしょうが、初めて見ました。
この前、ケンタッキー州のある町に行ったのですが、そこの人に聞いたところ、狩猟シーズン中で銃による狩猟期間はたったの1週間しかなく、後は矢による狩猟のみと聞きました。
銃の狩猟がたったの1週間なんて信じられず、恐らく聞き間違えたか、ある特定の動物のことを言っていたのかと思いますが、そこの地域の狩猟規制について調べるのも面倒なので裏を取っていません。が、分かったのはボウ・ハンティングが結構盛んだということです。
話を聞いた人曰く、確実に殺せるほどの殺傷力が銃に比べて劣ることから半矢などで動物を苦しめるだけだとボウ・ハンティングには否定的でした。
話が逸れましたが、この圧縮空気式のエアボウ、Benjamin Pioneer Airbowと言うもので、200気圧、約450fps、30ヤードの距離で2インチ内にまとまるそうな。

日本ではボウガンは許可なく簡単に持てますが(撃つ場所が絶望的にありませんけど)、このエアボウはどのような扱いになるのでしょうかね?



テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

江戸東京博物館で坂本龍馬の拳銃を見る
今、江戸東京博物館で「没後150年 坂本龍馬」特別展が催されているので観てきました。
当時の手紙や借用書、刀、その他諸々が展示してあり歴史好きな私は十分楽しめました。

201705022142517bb.jpg


そこで坂本龍馬が使っていたS&W No.2リボルバーを発見。
ただし、同型と書いてあったので坂本龍馬が使っていた銃そのものではないかも知れません。
写真撮影は禁止されているので目にしっかりと焼き付けてきました。

参考写真(Wikipedia) S&W NO.2
Smith__Wesson_Army_No_2.jpg
Credit: Hmaag

郵政博物館に展示してあるNo.2リボルバーは、本物かコピー製品か不明ですが、こちらは私が見たところ(何様だと思いますが)本物のようです。

No.2にはフレーム上部(シリンダーの上)に2つのピンがあるタイプ(1型、2型)と3つのピン(3型以降)があるタイプが確認されているようで、この展示銃は3つのピンがあったので3型以降のモデルのようです。
ちなみに郵政博物館のものはピンが1つしかなく、バレルの下にある空薬莢を押し出す為のロッドの先端形状も微妙に異なっていたのでもしかしたらコピー製品なのではと疑っているのですが、そのようなモデルもあるかも知れず、いつか事実を何とか調べたいと思っています。

↓ 郵政博物館のS&W No.2。バレル下のロッドの先端が一体形状で、上部フレームのピン数が一個です。上のWikipedia の画像と比べて見ると分かると思います。
IMG_1175.jpg

とにかく、坂本龍馬展で展示されている銃は3型以降のモデルでロッド形状も正しいので、本物のNo.2でしょう!
しかし、32口径、シリンダーは6発装填出来るとはいえ、銃自体が小さい。。。


関連記事

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

SHOOTING TIMES 2017年6月号
201705021057109f4.jpg


毎月発行のA4版雑誌です。ページ数は約80頁、全ページがカラーです。
雑誌HP → http://www.shootingtimes.com

前にも紹介したことのある雑誌ですが、最新製品の紹介がメインの雑誌です。
前回の記事を読むと、まあ面白くないだの、書くことがないだのとこき下ろしていましたが(⌒-⌒; )、改めて読んでみるとそうでもなかったり。。
新製品の銃が種類問わず紹介されていて分解してみたりやら実射レポートも少ないながらにあったりで意外によろし。
でもコラム記事が非常に少ないので雑誌として楽しめる部分がちと少ないのが残念。。

この号ではS&Wの最新ハンドガン M&P M2.0がレビューされています。
M2.0のMの意味が分かりませんが、とにかく第二世代、Glock的に言うならばGen.2なのでしょう。
では何が第一世代(勝手に言っていますが)と違うのかと言うと、使い易さと精度が向上したようで、例を挙げるとアンビ・スライドストップ(スライドストップが両側に付いている)の採用や、スライド・セレーション(スライドに付いた溝)がスライド前面にも付いた、グリップの太さを交換出来るバックストラップが3個から4個付属になった等々。
あと、アンビ・セーフティもオプションで付けられるようになったそうです。

スライドを外すのにトリガーを引いておくことも不要になったそうで、通常はストライカー式の銃はスライドを外すにはトリガーを引いておく必要があるそうな、知りませんでしたけど。。
まあ色々と細かい箇所も変更になって、トリガー・システムも向上されているとな。

M&Pをバカスカ撃ったことがないので、仮にこのM&P M2.0を撃ったところで何も分からないのでしょうが、今度機会があれば撃ってやろうと決めました。
と言いつつ結局は1911を撃ってしまうのですが。。。

1911と言えば、表紙の銃はスプリングフィールド・アーモリ社製のTRP Operator Tactical Grayというモデルです。
45ACPでマガジン装填数は7発、アジャスタブル・サイトにビーバーテール、アンビ・セーフティ、アンダーレール付きと、今時のタクティカル系ですね。
マガジンのマガジン・フォロワーはスチール製のオリジナルの1911みたいな形状でした。最近の1911はこの部分がポリマー製になってると思っていたんですがそうでもないんですね。




関連記事

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

EVERYDAY GUN

20170402093944116.jpg


Everyday Gun誌は銃メーカーのTaurus社が出している年一回発行のTaurus製品カタログ雑誌です。
当然ですが自社以外の銃製品は一切掲載されていません。
一般の雑誌と同じように雑誌コーナーで売られています。

A4版で約100ページのオールカラー誌で、表紙と裏面は厚みのあるマット紙で、中身は日本の雑誌と同じような上質な紙が使われていて写真も綺麗に印刷されています。
US$8.99

表紙と裏面が上下逆さまになっていて、表紙から60ページは製品記事、Taurusの新工場紹介、スポーツ射撃、ハンティング等の一般的な銃雑誌風記事で、裏面をひっくり返して読むと40ページ分が製品カタログになっています。

表紙もに載っていて最初に紹介されているのはCurve(カーブ)というポリマー・フレームの護身用ハンドガンです。その名の通りフレーム自体にカーブ(湾曲)がかかっていて腰にフィットするというコンシールド・キャリー時に適した銃らしいです。
次に、ブラジルでTaurusが新しい工場を作ったようでその紹介。22口径リボルバー記事が続き、1911系やらスピード・シューティング、ハンティングやらやらTaurus銃を絡めた記事となっています。

後半の製品カタログは、基本現行モデルを全て掲載していますが、HPなどで入手出来る基本的なスペックくらいで、実際に購入を検討している人以外は見ても面白くないと思われます。
というかTaurusに興味がなければこの雑誌を買う必要もないでしょう。当たり前ですが、他メーカーの銃が一切出てこない、製品記事は良いことしか書かれていません。
私はTaurus社が出している雑誌とは知らないで、スーパーの雑誌コーナーで普通の銃雑誌だと思って買ってしまいました。。。後悔。。。

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

Ruger 10/22 リムファイア・ライフルを撃たせてもらいました
テキサスで知り合いに22口径リムファイア・ライフルのRuger 10/22を撃たせてもらいました。
射撃場近くのスポーツ用品店で22LR弾を2箱計100発を購入しましたが、一箱50発で3ドル、、やっすいです。
500何十発で20ドル位なのもありました。

Ruger 10/22はセミ・オートマチックのライフルで、知り合いに借りた銃はマグプル社のストックに交換されていて、社外品の25発装填マガジンが付いていました。
20170227003025032.jpg

今、写真を見て気がつきましたがバレルも交換されているようですね。

しかし、この銃のコンディションが悪いのか、マガジンが悪かったのか、はたまた安い弾(一番安い弾を買った)だからか、ボルト閉鎖不良続出で5回に1、2回は撃てませんでした。
閉鎖されないので見ると、弾がチャンバーに入る途中で引っかかり鉛部分が見事にひん曲がっていました。
写真の下の弾は鉛の弾頭が曲がっているものですが、写真よりも大きく曲がったのが多かったです。
20170227003646f3d.jpg

こんな弾はどんどん捨てる、捨てるっと。
でもね、弾が安いから捨てても大して勿体無いとは思わないんですよ。

光学機器やマグプル製ストックを付けているからなのか、元々なのか、ちと重かったです。重いといってもAR15ほどではありませんけど。。

反動も少なく狙ったところにビシビシと撃ち込める気持ち良さがありましたが、閉鎖不良続出にはストレスを感じました。
ルガーに限ってそんなことはないと思うので、私の肩づけがまずかったのか、社外品の25連マガジンが悪くて給弾がうまく出来なかったんでしょうね。


関連記事

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

ロシアの銃雑誌 Калашников (Kalashnikov)

20161224091909907.jpg


Калашников誌はロシアの銃雑誌で、年12回発行されているようです。
Калашниковは英語にするとKalashnikovで、カラシニコフです。
英語は一切使われておらず全てロシア語です。
A4版で約115ページのオールカラーで写真も多く使われてレイアウトも見やすいです。表紙、裏表紙はやや厚手の光沢紙で、本文はアメリカの銃雑誌のようなザラザラした紙質でなく写真も綺麗に印刷されています。

雑誌内容はハンティング、スポーツ射撃を中心にしつつ古い軍用銃も紹介したりと、ハンドガンからライフルまで幅広く扱っていますが、銃以外に光学機器やナイフの製品紹介記事も出てきます。

本号では、クレー射撃大会レポート、ライフル・スコープ、精密ピストル射撃のロシア・チームの監督だが何だかのインタビュー記事、IPSC(International Practical Shooting Confederation)大会の記事、長距離スナイパー・ライフルDXL-2の実射レポート、STIハンドガンのアクセサリー記事、中折れ式上下二連散弾銃の各メーカー比較記事、最新銃紹介、古いソビエト時代の軽機関銃などなど、内容が盛りだくさんです。

そして80ページ辺りから何故かドイツの銃雑誌、Deutsches Waffen Journal (DWJ、ドイツ武器ジャーナル)のロシア語翻訳版が始まります。ここでは軍用銃の記事も多く古い銃から最新銃まで扱われます。
調べてみると過去号もDWJ誌ロシア語版が含まれているようです。お互いに提携しているのでしょうか?

ロシア語は全く読めませんでしたが銃情報が幅広く、充実した雑誌のようでした。
ただ、ハンドガンがちと少なすぎるかな。。。



テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

マガジンのインジケーター窓
私はよくマガジンに弾を込めている途中で何発装填したか忘れてしまいますが、基本的に弾がこれ以上入らなくなったら装填は終わりなんで、今の時点でどんくらい装填しているかなんてどーでもいい事かも知れませんね。が、マガジンをフル装填したと思って撃ったら弾が予想より少なく撃ち終わった、という事もあります。。。

1911系だと基本的に7発か8発なんで装填途中で数を忘れてしまう事も少ないですが、グロックとか今時流行りの樹脂製ハンドガンだと装填数が多いので数えないでひたすら一心不乱で弾を込めていきます。が、十数発込めてる途中で装填が重くなって、もう終わったかなと思うとまだ入ったりだもんで、装填が終わったかなと思ったら念のためにマガジンに設けられたインジケーター窓で確認するようにしています。って、当たり前か。。。。


↓グロックのインジケーター窓は各穴に数字が刻まれていて分かりやすいですね。このグロック22は15発装填できます。ぱっと見で今の装填弾数がすぐに分かります。
201612302251419db.jpg


↓1911系用のWilson Combat (ウイルソン・コンバット)製マガジン。8発装填出来ます。これは見易いですね。
でも、8発くらいなら無意識に頭で数えながら装填したり、途中で入らないほど装填が硬くなる事もないのでインジケーター窓は見なかったりしますが。。。
201612302251426ff.jpg


↓Springfield Armory (スプリングフィールド・アーモリ)製レンジオフィサー・チャンピオンのマガジン。マガジンに装弾数が書いてなく、インジケーター窓にも数字がないもんだから装填数がぱっと見分かりにくいですね。これは7発装填マガジンですが、途中で硬くなる事もなく最後まで装填出来るので実際はあまり気にしませんが、初めて撃つ時には、装弾数を知りたいとは思いました。。。オリジナルの1911は7発ですが、最近は8発マガジンが多く出回っていますね。正直、7、8発装填程度ならそんなに硬くないので、装填した弾を上から指で押して確認すれば、装填完了したかすぐに分かるのでインジケーター窓でわざわざ確認しないのですが、、、、まあ、見て確認するならインジケーター窓が全て埋まっていれば装填完了という事で。。。
20160528163834f12.jpeg


↓ライフル系はインジケーター窓がないのが多いので、ひたすら入らなくなるまで込めまくるしかないようです。。。30発装填のマガジンで、何かやけに早く装填出来たな、と思ったら10発くらいで弾切れになった事もありました。。。
20161230233210444.jpg


ではでは。。。


関連記事

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

ロシアの博物館 ライフル・自動小銃編
ロシアのThe Military-Historical of Artillery, Engineers and Signal Corps (砲兵、工兵、通信隊の軍事歴史博物館?)に展示してある銃で、ハンドガンのオートマチック編リボルバー編サブマシンガン(短機関銃)編に続き、ライフル・自動小銃編です。


↓ボルトアクション・ライフルですが見難くてスミマセンね。。。上からモデル名は、、、分かりません。。。一番下はモシンナガンではないようです。
201612272211145bd.jpg


↓ドイツのStG44突撃銃 (Sturmgewehr 44)。ストックも外さないとレシーバーをテイクダウン出来ないようですね。見た感じ、ストックをはめているピンを1個外せば簡単に銃本体が分解出来そうです。しかし、、、どデカいスプリングがありますね、何でしょうか?。。。セレクターの切り替えもグリップ上にあって親指で簡単に操作出来そうです。
7.92x33mm弾を使用するそうです。
201612272211158e2.jpg


↓AK47。こちらも分解されています。7.62x39mm弾使用します。レシーバーの形状からこのAK47は初期型のタイプ1のようです。固定ピンがなく、簡単に分解出来るようでメンテナンスも楽そうな感じがします。銃とは関係ありませんが、私はソビエト軍のヘルメットも好きです。
20161227221115208.jpg


↓AKシリーズです。1番上から中国のType-56、2番目は東ドイツのAKMかな?3番目はレシーバーの形状的にAK47 タイプ3と思われます。4番目はルーマニアのAKM、5番目もAKMかな?んで一番下の6番目の銃はハンガリーのAMP-69と思われます。
AKMは簡単に言うとAK47の改良型で後継モデルみたいなもんです。見分け方はレシーバーとフロント・サイトを見れば何となく?分かります。AK47のレシーバーにはマガジン部辺りの上に長方形の窪みがありますが(3番目の銃)、AKMだと楕円形に変わっています(2番目と4番目の銃)。フロント・サイトもAK47は前後の幅が広く、AKMは前後の幅が狭いです。じゃあ、1番目のType-56はどう分かるのよ!それは、Type-56は1)レシーバー上に被さっているカバーに凸部がない、2) グリップが木製 3) フロント・サイトの前後幅がAK47のように広い 4) レシーバーに楕円形の窪み、などなど。。。
20161227221117992.jpg


↓てんこ盛りです。右ショーケース内一番上の銃はドラグノフに似ていますが違います。ドラグノフはマガジン位置がトリガー・ガード部から離れています。では、これは何でしょうか?ルーマニアのPSLの派生型、もしくはAK47をスナイパー仕様にしたものでしょうかね。レシーバーの形状的にPSLっぽいのですが自信がありません。2番目はAKMに曲銃床を装着して、トリガー位置も後方に移動したスナイパー仕様に改造したもの?
一番下の立て掛けてある銃はSaigaライフルと思われます。マガジンの大きさの違いから左は.308、右は.223でしょうかね。
左ショーケース内はAK74シリーズのようです。もう個別の説明は省略。。。
20161227221118d52.jpg


↓色々なAKです。ショーケース下の銃以外はほとんどAKMでしょうかね?右ショーケースの一番上はマガジン形状的にAK74っぽいですがマガジン以外はAKMっぽくもあり、良く分かりません。。。
右ショーケースの下の銃はRPK軽機関銃でしょう。真ん中ショーケースの下にある軽機関銃はPKMかな?
20161228114613c2c.jpg


↓各種ライフル、スナイパー・ライフル。。。個別の説明は省略。。。
20161228114615f82.jpg


↓時代はAK47よりも遡って初期の自動小銃たち。これも個別の説明は省略。。。ここら辺はあまり興味が湧きませんでした。。。
201612281146151e2.jpg


↓何とAK74Mの分解体験が出来ました!実際に実物のAK74を持ったのも初めてで、実銃の分解も初めてでした。分解は係員の指示通りに順番通りに行なっていきます。
2番目の写真は分解後で、右から順番に外したものを置いています。
20161228185520471.jpg

201612281920443be.jpg


これでロシア博物館編は終了〜〜。
また何かあったら書きますね。


関連記事

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用


★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

レミントン社の製品雑誌 Remington LIVE READY Jun 25, 2017
最新のルガー Mark IVがリコールされていますね Jun 19, 2017
サバイバル系雑誌 SURVIVOR'S EDGE Jun 18, 2017
江戸東京博物館で坂本龍馬の拳銃を見る May 03, 2017
SHOOTING TIMES 2017年6月号 May 02, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link