GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
趣味の海外の実銃雑誌集めのブログです。
当初はすぐに全ての銃雑誌を揃えてしまいネタがなくなるだろうと思っていましたが、後からどんどんと新しい銃雑誌が出てくるので一安心。。。
さすがアメリカ、銃社会です。
また、同じく趣味の実弾射撃も書いています。
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミントン社の製品雑誌 Remington LIVE READY
20170618155730308.jpg


Remington (レミントン)の製品雑誌で、年に一回発行しているのか、していないのか分かりませんが、本号は2017年版です。
約105頁、$8.99で販売されています。

レミントン社の最新銃製品の紹介がメインですが、銃以外にはレミントン社製弾や、レミントン社以外の製品(ストックやサイレンサー、フラッシュ・ライト)も紹介されています。

表紙のハンドガンは、今流行りのストライカー激発方式、ポリマー・フレームで9mm弾を使用するRP9です。
装弾数は18発+1発と大容量ですね。
ようやくレミントン社もポリマー・フレームのストライカー式9mm(これとは別にRP45という45口径もあります)ハンドガンを作ってきました。
しかし時代の流れなんでしょうね、数年前にはついに1911クローンのR1を発売して、今回はグロック、M&Pなどの成功を見て焦ったのかどうかは定かではありませんが、似たようなトリガー・セーフティ機構を持つ樹脂製ハンドガン市場に参入してきました。
先行ライバル社の持つ機能を踏襲して、トリガー・セーフティ、交換式バック・ストラップ(グリップの厚みを調整するもの)、アンダー・レイルを持っています。
遠目ではスライド等の上部はM&Pっぽいと思いました。ハイ・グリップで握れそうなビーバーテール箇所はそっくりです。グリップ底部のマガジン・ウエル部分もそっくりのような。。。
記事中でレミントン社の開発者コメントとして、開発のコンセプトは単なるコピーでなく進化させたかった、と言っています。
私的には1911のR1を出してきたのと同様に、単なるコピー製品にしか今のところ思えませんが今後の各銃雑誌でのレビューが楽しみです。

他のハンドガンでは1911 R1や、コンパクトのRM380、R51が載っていました。
1911 R1は今までのクラシック・タイプでなく最新のタクティカル・モデルが登場します。また9mm仕様でダブル・スタック版(装弾数は19+1!)も紹介されていて、レミントンの1911が好きなら満足な内容です。
また、ハンドガン以外では定番のM700、M40ライフル、定番ショットガンのM870も出てきます。やはりこのベストセラーの銃が出てこないとレミントンではないですね。
M700は最新版のM700 Magpul (マグプル)が登場。ショットガンでは最新のV3 フィールド・スポーツがチョロっと紹介されています。

ショットガンのM870はホントに長く続いていますね。
下は20ゲージのM870。12ゲージに比べてリコイルはまろやか。
20170625185919367.jpg


今、レミントン社の散弾銃で自動銃だとVersa Maxが売れているようですがコンペティション・モデルとタクティカル・モデルの簡単な記事もあります。Versa Maxのタクティカル・モデルはフレーム上部にレール、マズルにフラッシュ・ハイダーが付いていて格好いいです。日本ではタクティカルはまだ売っていないと思いますが(既に銃砲店で売っていたらあればごめんなさい)、同じタクティカル系のベネリM4も人気なようですので売れそうです。

レミントン社の最新銃が多く掲載されていて、一社とは言えども十分な内容でした。


スポンサーサイト

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

SHOOTING TIMES 2017年6月号
201705021057109f4.jpg


毎月発行のA4版雑誌です。ページ数は約80頁、全ページがカラーです。
雑誌HP → http://www.shootingtimes.com

前にも紹介したことのある雑誌ですが、最新製品の紹介がメインの雑誌です。
前回の記事を読むと、まあ面白くないだの、書くことがないだのとこき下ろしていましたが(⌒-⌒; )、改めて読んでみるとそうでもなかったり。。
新製品の銃が種類問わず紹介されていて分解してみたりやら実射レポートも少ないながらにあったりで意外によろし。
でもコラム記事が非常に少ないので雑誌として楽しめる部分がちと少ないのが残念。。

この号ではS&Wの最新ハンドガン M&P M2.0がレビューされています。
M2.0のMの意味が分かりませんが、とにかく第二世代、Glock的に言うならばGen.2なのでしょう。
では何が第一世代(勝手に言っていますが)と違うのかと言うと、使い易さと精度が向上したようで、例を挙げるとアンビ・スライドストップ(スライドストップが両側に付いている)の採用や、スライド・セレーション(スライドに付いた溝)がスライド前面にも付いた、グリップの太さを交換出来るバックストラップが3個から4個付属になった等々。
あと、アンビ・セーフティもオプションで付けられるようになったそうです。

スライドを外すのにトリガーを引いておくことも不要になったそうで、通常はストライカー式の銃はスライドを外すにはトリガーを引いておく必要があるそうな、知りませんでしたけど。。
まあ色々と細かい箇所も変更になって、トリガー・システムも向上されているとな。

M&Pをバカスカ撃ったことがないので、仮にこのM&P M2.0を撃ったところで何も分からないのでしょうが、今度機会があれば撃ってやろうと決めました。
と言いつつ結局は1911を撃ってしまうのですが。。。

1911と言えば、表紙の銃はスプリングフィールド・アーモリ社製のTRP Operator Tactical Grayというモデルです。
45ACPでマガジン装填数は7発、アジャスタブル・サイトにビーバーテール、アンビ・セーフティ、アンダーレール付きと、今時のタクティカル系ですね。
マガジンのマガジン・フォロワーはスチール製のオリジナルの1911みたいな形状でした。最近の1911はこの部分がポリマー製になってると思っていたんですがそうでもないんですね。




テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

EVERYDAY GUN

20170402093944116.jpg


Everyday Gun誌は銃メーカーのTaurus社が出している年一回発行のTaurus製品カタログ雑誌です。
当然ですが自社以外の銃製品は一切掲載されていません。
一般の雑誌と同じように雑誌コーナーで売られています。

A4版で約100ページのオールカラー誌で、表紙と裏面は厚みのあるマット紙で、中身は日本の雑誌と同じような上質な紙が使われていて写真も綺麗に印刷されています。
US$8.99

表紙と裏面が上下逆さまになっていて、表紙から60ページは製品記事、Taurusの新工場紹介、スポーツ射撃、ハンティング等の一般的な銃雑誌風記事で、裏面をひっくり返して読むと40ページ分が製品カタログになっています。

表紙もに載っていて最初に紹介されているのはCurve(カーブ)というポリマー・フレームの護身用ハンドガンです。その名の通りフレーム自体にカーブ(湾曲)がかかっていて腰にフィットするというコンシールド・キャリー時に適した銃らしいです。
次に、ブラジルでTaurusが新しい工場を作ったようでその紹介。22口径リボルバー記事が続き、1911系やらスピード・シューティング、ハンティングやらやらTaurus銃を絡めた記事となっています。

後半の製品カタログは、基本現行モデルを全て掲載していますが、HPなどで入手出来る基本的なスペックくらいで、実際に購入を検討している人以外は見ても面白くないと思われます。
というかTaurusに興味がなければこの雑誌を買う必要もないでしょう。当たり前ですが、他メーカーの銃が一切出てこない、製品記事は良いことしか書かれていません。
私はTaurus社が出している雑誌とは知らないで、スーパーの雑誌コーナーで普通の銃雑誌だと思って買ってしまいました。。。後悔。。。

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

ロシアの銃雑誌 Калашников (Kalashnikov)

20161224091909907.jpg


Калашников誌はロシアの銃雑誌で、年12回発行されているようです。
Калашниковは英語にするとKalashnikovで、カラシニコフです。
英語は一切使われておらず全てロシア語です。
A4版で約115ページのオールカラーで写真も多く使われてレイアウトも見やすいです。表紙、裏表紙はやや厚手の光沢紙で、本文はアメリカの銃雑誌のようなザラザラした紙質でなく写真も綺麗に印刷されています。

雑誌内容はハンティング、スポーツ射撃を中心にしつつ古い軍用銃も紹介したりと、ハンドガンからライフルまで幅広く扱っていますが、銃以外に光学機器やナイフの製品紹介記事も出てきます。

本号では、クレー射撃大会レポート、ライフル・スコープ、精密ピストル射撃のロシア・チームの監督だが何だかのインタビュー記事、IPSC(International Practical Shooting Confederation)大会の記事、長距離スナイパー・ライフルDXL-2の実射レポート、STIハンドガンのアクセサリー記事、中折れ式上下二連散弾銃の各メーカー比較記事、最新銃紹介、古いソビエト時代の軽機関銃などなど、内容が盛りだくさんです。

そして80ページ辺りから何故かドイツの銃雑誌、Deutsches Waffen Journal (DWJ、ドイツ武器ジャーナル)のロシア語翻訳版が始まります。ここでは軍用銃の記事も多く古い銃から最新銃まで扱われます。
調べてみると過去号もDWJ誌ロシア語版が含まれているようです。お互いに提携しているのでしょうか?

ロシア語は全く読めませんでしたが銃情報が幅広く、充実した雑誌のようでした。
ただ、ハンドガンがちと少なすぎるかな。。。



テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

ロシアの銃雑誌 МАСТЕРРУЖЬЁ (Master Gun)

20161224091907528.jpg


МАСТЕРРУЖЬЁ誌はロシアの銃雑誌で、年6回発行されているようです。
МАСТЕРはMaster、РУЖЬЁはGunという意味で、英語に直すと「Master Gun」となるそうです。
英語は一切使われておらず全てロシア語です。
HPの過去発行号ページを見ると1996年から発行されているようですね。
A4版で約80ページのオールカラーで写真も多く使われてレイアウトも見やすいです。表紙、裏表紙はやや厚手の光沢紙で、本文はアメリカの銃雑誌のようなザラザラした紙質でなく写真も綺麗に印刷されています。

雑誌HP → http://master-gun.com
ちなみにHPも全てロシア語で書かれていて英語ページはありません。

雑誌内容はハンティング、クレー射撃、ライフル射撃が中心のようで、この号ではハンドガンは一切出てきませんでした。HPの過去発行号ページを見るとたまにハンドガンや軍用銃も扱うようです。
また銃以外に光学機器やナイフの製品紹介記事も出てきます。

最新銃の紹介、ハンティング記事、古い銃の話、銃メーカー訪問記、射撃スコープ、クレー射撃大会レポート、などなど一般人の銃所持者向けの内容となっています。
ただし、銃の実射レビューがちと少ないかな。。。

ちなみにこの号の表紙の銃はフランスのVerney-Carron社製Speedlineというハンティング・ライフルでトリガー上のレバーでセミ・オートマチックとマニュアルに切り替えられるそうな。
でも、他に出て来た銃は何なのか、ロシア製なのかすらもロシア語が読めないので分かりませんでした。。。

紙面レイアウトや内容はアメリカの銃雑誌と大して変わらず、色使いも普通でロシアだから何か違うということはないですね。また、アメリカの銃雑誌のような2ページ毎に出てくる丸ごと広告ページはなく、雑誌の半分が広告ページだったということはありません。

アメリカでは雑誌は日本とは異なり本屋では一切売っておらず(雑誌は本ではない)、スーパーやニューススタンド(新聞雑誌類売店)でしか買えませんが、ロシアでも同じで、本屋では雑誌は扱っていませんでした。

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌


★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

ライフル射撃の雑誌 RIFLE SHOOTER Jul 23, 2017
S&WのM&Pを久しぶりに撃ちました Jul 19, 2017
アウトドア専門誌 OUTDDOR LIFE Jul 16, 2017
後装式のフリントロック銃 Jul 08, 2017
XDはスライド後退時にグリップセーフティが引っ込んだままなのね Jul 04, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。