GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
趣味の海外の実銃雑誌集めのブログです。
当初はすぐに全ての銃雑誌を揃えてしまいネタがなくなるだろうと思っていましたが、後からどんどんと新しい銃雑誌が出てくるので一安心。。。
さすがアメリカ、銃社会です。
また、同じく趣味の実弾射撃も書いています。
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PERSONAL & HOME DEFENSE 2016

2016040220594081b.jpeg


年一回発行の銃を主とした自己防衛、護身専門誌です。
2015年版も以前このブログで紹介しましたが気に入っている雑誌なので今回も紹介します。
ちなみにこの雑誌では毎度毎度、侵入者に対して銃を構えた綺麗なお姉さんが表紙に載っていますが、表紙だけの登場で中の記事には一切出てきませんので悪しからず。

約130ページのオールカラーで一般人の自己防衛をテーマにしており、ページ最後の方では銃の購入ガイドになっています。内容については前回で詳しく書いたつもりなので今回は気になった記事だけ取り上げたいと思います。

初心者が選ぶ銃ということで銃インストラクターでもある記事執筆者は、よく人が勘違いしている誤解を丁寧に解説していました。何でも女性の初心者がトレーニングに参加するときに持ってくる銃の多くは初心者向けではない呆れたものばかりで、何故その銃を選んだかと聞けば、旦那が買ったとか、ガン・ショップで男性が女性向けと勧めてくれた銃だったとかの理由がほとんどだそうです。

この記事執筆者は初心者にはグロックを勧めていますが、多くの人が誤解しているグロックやオート式ピストルのあらぬ噂を元に最適な銃の選び方を書いています。

誤解1、オート式ピストルは操作が難しい、という意見があるようでが、身体が弱い、または女性にとってもオート式ピストルはコツさえ分かれば難なく操作が出来る。
誤解2、グロックはセーフティがない。これは実に多くの人が誤解しているようです。実際は実に信頼性のあるセーフティ機構を持っています。
誤解3、グロックはプラスチックで出来ている。実際はポリマーでプラスチックとは全く異なりでとても剛性のある材質です。
の、ように否定的な意見に反論して、その後の記事ではいかにグロックが優れた銃であるかを説明していますが、影響されやすい私は以前紹介したGlock Autopistols誌の時もそうでしたが、ますますグロック信者になりそうな気がしています。
20160323225405e83.jpeg

今までグロックが好きという訳ではなかったのでいい加減に適当にグロックを撃っていましたが、次回は色々と機能や感触を確かめながら撃ったろうと決めています。
早く撃ちに行かなければ。。。

自己防衛について興味があるので好きな雑誌の一つです。雑誌形態のためか専門的な技術、訓練方法などは詳しく載っていませんが、そこまでの技術等を必要としない私には日常的に気をつける事、危険から逃れる方法、銃の記事さえあれば満足でかつ楽しんで読めます。
常に周囲に気を配れ!です。


スポンサーサイト

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

PERSONAL & HOME DEFENSE
20150313150732287.jpg


PERSONAL & HOME DEFENSEは年1回発売の銃をメインとした自己防衛、護身技術の雑誌です。
雑誌HP → http://www.personaldefenseworld.com/publications/personal-home-defense/

Guns & Weapon誌やSpecial Weapons誌などのHarris Publications, Inc社が発行しています。

ページ数は約130ページで、前半が製品紹介や護身技術などの記事で、後半20ページは各社銃(ハンドガン、ショットガン、ライフル)の購入ガイドとなっています。
また、バイヤーズガイド系の雑誌にありがちな白黒主体ではなく、全ページがカラーで写真も多く使われているため、読みやすいレイアウトになっています。

記事内容は、脅威を理解しろ、常に警戒しておけ、などの心構えから始まり、適した携帯銃の探し方、自宅用の警備システムの紹介や、侵入者撃退方法、暴漢からの逃げ方、ナイフを使った防衛、旅行時の銃運搬方法等々、多岐に渡っています。

護身用といってもコンパクトなピストルや、ショットガンだけでなく、フルサイズのピストルやセミオートライフルまで紹介されているので、趣味の射撃用途と護身用を兼ね備えた銃をこの雑誌では読者にお勧めしているものと思われます。

例えば、自宅でカービン銃を使用した護身技術記事では、お勧めの10丁として各社が販売しているカービン銃を紹介していますが、16インチバレルを持つAR系ライフルがほとんどで、折り畳みストックを持つカービン銃は1丁だけ(M1)なので本当に家の中での取り回しは大丈夫なのかと疑問に思いました。
7.62mm NATO弾を使う銃も紹介されているので、護身用途で自宅で使うにはオーバー過ぎるのではと素人ながらに感じるところはあります。

後半20ページの銃購入ガイドは、メーカー名、モデル名、使用弾、アクション方式、重量、長さ、装弾数を列見出しにして、行毎に各社製品をリストにしています。
ハンドガンではカテゴリーを、ポケットサイズ、コンパクト、コンシールドキャリー、ホームディフェンス、22口径に分け、ライフルではボルトアクション、レバー/ポンプアクション、セミオートで、ショットガンではポンプ、セミオート、その他で分けています。

が、バイヤーズガイドと言いながら、銃の値段は記載されていません。。。
ナンダソリャ (⌒-⌒; )

Personal & Home Defense - 2013.#131 (銃器誌 海外雑誌)

価格:860円
(2015/12/23 23:07時点)
感想(0件)





テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌


★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

45口径のM&P (やはり1911の方がいいか) Oct 28, 2018
ライフル射撃の雑誌 RIFLE SHOOTER Jul 23, 2017
S&WのM&Pを久しぶりに撃ちました Jul 19, 2017
アウトドア専門誌 OUTDDOR LIFE Jul 16, 2017
後装式のフリントロック銃 Jul 08, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。