GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
趣味の海外の実銃雑誌集めのブログです。
当初はすぐに全ての銃雑誌を揃えてしまいネタがなくなるだろうと思っていましたが、後からどんどんと新しい銃雑誌が出てくるので一安心。。。
さすがアメリカ、銃社会です。
また、同じく趣味の実弾射撃も書いています。
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MILITARY SURPLUS

20160430205345f75.jpeg


年一回発行される軍用銃専門誌です。
フルカラーで約130ページのA4雑誌です。→ ウエブサイト
$9.95

軍用銃といっても現行の銃はあまり扱っておらず、主に過去の戦争で使用された銃ですが基本は第二次大戦以降の世界中の軍用銃です。
Inside Military Surplus誌と名前も内容も非常に似ていますが出版社が異なる全く違う雑誌です。

というか、誌面レイアウトも非常に似ています。。。

銃の数はこちらの方が若干多めで約20丁の様々な銃が約4〜6ページに渡り紹介されており、最初の1〜2ページは見開きで銃を大きく見せる誌面構成で、写真も豊富に載せています。
Inside Military Surplus誌では、1、2丁は広告記事のように現行の最新銃が出てきたりしましたが、こちらはエアソフトガンと有名軍用銃を22口径にした現代版の製品記事が出ています。
でも基本は最初から最後までクラシックな軍用銃のオンパレードです。

記事内容も両誌ともに似ていて、当時の写真や当時の状況、銃にまつわる関連話が紹介されており、銃が生まれた背景から使用された戦争や戦場、バリエーションや当時の評価など資料的価値のある雑誌となっていると思います。
ライフルから拳銃、ショットガンまで広く扱っています。多くの銃は古くて射撃が困難らしく射撃レポートは非常に少ないです。

この2016年号では、WW2時代のドイツ軍アサルト・ライフルStG44、中国製トカレフ(54式)、スプリング・フィールドM1903、Grazian Balillas、南部14年式拳銃、コルトM1905拳銃、ユーゴスラビア製AKのM70 B1、エンフィールド No.4 Mk1、スペイン製 Star Modelo B Super (9mmの1911みたいな拳銃)、グリース・ガン、ポーランドのP83 Wanad拳銃、M1903ライフル、M1874リボルバー、マウザーM41Bスナイパー・ライフル、ベトナム戦争時にベトコンが使用、製造したライフルやSMG、ワルサーMPLとMPK!、ベレッタ 92S、ベトナム戦争で米軍が使用したショットガンのStevens M77Eなどなど、非常に豊富で当時の軍用銃に興味がある方であれば十分楽しめる雑誌だと思います。

記事では銃の仕様も記載されており、部分拡大の写真も多く、専門誌を読むほど興味も研究もしたくないけどちょっと古い軍用銃に興味がある、という方にはこういった雑誌形態が読みやすく楽しめるんじゃないかと思います。

個人的にはワルサーMPLとMPKの記事があっただけでも満足です。
2016043022115442e.jpeg
Credit: PH1 TODD P. CICHONOWICZ, USN, DoD

MPLとMPKの記事執筆者は70年代、80年代にMPKを使用しており、幾つかの不満点を挙げていました。セレクターの位置が悪く、フル・オートからセミ・オートに切り替える時はグリップ側の手をズラすか、サポート側の手を使わなければならなかったようです。また、フル・オート時はコントロールが難しく安定させ辛かったそうな。また、スチールのスタンピングで製造された本体は冬は冷たく、夏は暑く、フル・オート時には非常に熱くなったなど。
良かった点はサイトが非常に見易く素早い照準が出来た、トリガー・ガードが大きいからグローブ着けたままでも撃てるなど。また、フル・オートの発射サイクルが遅かったので、フル・オートでも慣れれば単発やダブル・タップなどもトリガー・コントロールで行えたようです。

↓ ラスベガスでMPLがフル・オートで撃てるようですね。いいな〜。ラスベガスか〜、西の方は行かないな〜〜。



ま、私は基本的には現行の銃、射撃場でも撃てる民間向けの銃にしか興味がないのでコレクター向けの軍用銃雑誌はもう買わないかな。。。。

Military Surplus 2014 - ミリタリーサープラス 2014年号 (銃器 アメリカ版 海外雑誌)

価格:990円
(2016/4/30 22:46時点)





スポンサーサイト

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

INSIDE MILITARY SURPLUS

20151222232404413.jpg


不定期に発行される軍用銃専門誌です。
フルカラーで約130ページのA4雑誌です。
$8.99

軍用銃といっても現行の銃はあまり扱っておらず、主に過去の戦争で使用された銃ですが基本は第二次大戦以降の世界中の軍用銃です。

約15丁の様々な銃が約6〜8ページに渡り紹介されており、最初の1〜2ページは見開きで銃を大きく見せる誌面構成で、写真も豊富に載せています。その中でも1、2丁は広告記事のように最新銃が出てきたりします。
当時の写真や当時の状況、銃にまつわる関連話が紹介されており、銃が生まれた背景から使用された戦争や戦場、バリエーションや当時の評価など資料的価値のある雑誌なのではと思います。
またマイナーな銃も多く、こんな銃があったのかと思わせるものもありライフルから拳銃まで広く扱っています。

恐らくは多くの銃は古くて射撃が困難なのでしょうか、射撃レポートは非常に少ないです。

軍放出銃や古い軍用銃を収集する方を対象とした雑誌と思われますが、当時の軍用銃に興味がある方であれば十分楽しめる雑誌だと思います。
ただし、当たり前ですが古い銃が多く、多くは購入や入手が難しい銃のため(まあ日本にいれば関係ありませんが)、現行の銃に慣れた方には一冊読めば十分だと思います。
だから年2、3回の不定期刊なのでしょう。


テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

AK-47 + SOVIET WEAPONS

2015020809530500b.jpg


AK-47 + SOVIET WEAPONS誌はA4サイズ版年刊雑誌で1年に一回発行される特集号です。
雑誌HP → http://www.tactical-life.com/publications/ak-47-soviet-weapons/
Special Weapons誌やGuns & Weapons誌を発行しているTactical Lifeから出版されています。

メインはAK47ですがソビエト製の銃も豊富に紹介しており、ソビエト軍や旧共産圏の銃に興味が有る方にはお勧めの雑誌です。

ページ数は130ページでオールカラーで広告も少なく記事内容が非常に充実しています。
出版社HPからこの雑誌の内容が多少分かるかも知れませんが、実際の雑誌内容の充実さを感じ取ることは難しいかも知れません。
HPの本雑誌ページ

ルーマニア製AK47、中国製の81式、アメリカ製の最新AK、ユーゴ製の派生モデルM92、ポーランド製AKM等々、初期から最新モデルまで幅広く紹介されており、実射レポートや詳細部の拡大写真など掲載されているので非常に資料価値のある内容です。
他にAK関連ではレールやストック、スコープなどの最新アクセサリーも紹介されています。

AK以外ではスナイパーライフルのVSS Vintorez、サプレッサーが元から組み込まれたアサルトライフルのAS VALなど特殊部隊が使用していた銃や、Sudayev AS44、Bulkin AB46などのアサルトライフルの初期時代に開発された珍しい銃、特殊拳銃などが紹介されています。

AKの開発ストーリーや、AKの最新タクティカル技術、東ドイツ軍のヘルメット記事なども幅広い情報が掲載されているので、AKやソビエト、旧共産圏の銃、装備に興味が有る方は楽しめると思います。

通常の月刊雑誌と比べて中身が濃いので永久保存版として置いておけると思います。

アメリカでコピーされたAKや派生モデルの広告を見るとアメリカ人が羨ましくなりますね(^_^)

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

COMPLETE BOOK OF THE AK47
Ak47-new


不定期刊のA4サイズ版雑誌。
GUNS & AMMO誌の別冊として発行されます。 AK47の歴史、種類、戦闘記録、最新モデル、射撃レポート、射撃テクニック等を豊富なカラー写真とともに紹介している資料価値の高い雑誌です。

ちなみにこの画像は2011年版です、古くてすみませんねっ。
2011年版ではルーマニア製AK47の製品レビュー、各種マズルフラッシュの比較、AK47アクセサリー紹介、米国製AK47やソビエト製AK47/74のレビュー、各カラシニコフ銃でのスナイピング記事、AK47射撃テクニックや、元ソビエト兵によるアフガニスタン侵攻時の記事など掲載しています。
また特集号のため、銃雑誌に多い広告が目立たないので一冊の情報量が非常に多くなっています。

ページ数:約135ページ
米国内価格:$8.99

■AK47の射撃、実戦能力を伝える実用的雑誌
AK47(AK74も含みます)シリーズの射撃性能や実際に使用された戦場での記録など豊富な写真とともに伝えており、AK開発の歴史や銃構造などは詳しく掲載されていません。

米国製の最新AK47や銃アクセサリー、装備など製品面から、射撃技術や取り扱い技術などの実用面まで幅広く取り扱っています。

2011年刊では、元ソビエト兵によるアフガニスタン紛争の実戦記録は西側ではあまり目にすることがなかった兵士達の写真が多く掲載されており、戦闘記録や兵士達の戦場生活など資料価値の高い記事になっています。
また、AKを使用するPMC達によるトレーニングではAKの取り扱いや射撃姿勢、動き方などを紹介、また各種AK(空挺部隊が使用するAKなど)など充実した内容になっています。

内容が充実しているのでAK47の参考資料用としてずっ~と保管用としておける内容の雑誌ですね。
私はこの雑誌だけは捨てないようにしています。


テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌


★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

ライフル射撃の雑誌 RIFLE SHOOTER Jul 23, 2017
S&WのM&Pを久しぶりに撃ちました Jul 19, 2017
アウトドア専門誌 OUTDDOR LIFE Jul 16, 2017
後装式のフリントロック銃 Jul 08, 2017
XDはスライド後退時にグリップセーフティが引っ込んだままなのね Jul 04, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。