GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
趣味の海外の実銃雑誌集めのブログです。
当初はすぐに全ての銃雑誌を揃えてしまいネタがなくなるだろうと思っていましたが、後からどんどんと新しい銃雑誌が出てくるので一安心。。。
さすがアメリカ、銃社会です。
また、同じく趣味の実弾射撃も書いています。
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



サバイバル系雑誌 SURVIVOR'S EDGE
2017061815573332a.jpg


生き残る為に必要な技術、銃の選び方、装備品を載せているサバイバル系雑誌です。
年4回発行のA4版で約130頁、$9.95で販売されています。

災害時や山、川での生存技術が主な内容で、銃自体の記事は少ないです。
また、自然界での生存が主体で、住居侵入、強盗、暴漢に対する自己防衛的なテーマも少ないです。

実際に起きた事故、災害を基にいかに生き延びたかを検証したり、必要とされる装備、銃や技術を紹介して、読者に常に備えよと伝えています。
また旅行先でのスリに気をつけろなど、細かいところまで記事にしています。

この2017年夏号の表紙は一見、エアライフルと思いきや、圧縮空気で矢を放つエアボウです。
アメリカでは弓矢、ボウガンでの狩猟が認められているのでこのような銃もあるのでしょうが、初めて見ました。
この前、ケンタッキー州のある町に行ったのですが、そこの人に聞いたところ、狩猟シーズン中で銃による狩猟期間はたったの1週間しかなく、後は矢による狩猟のみと聞きました。
銃の狩猟がたったの1週間なんて信じられず、恐らく聞き間違えたか、ある特定の動物のことを言っていたのかと思いますが、そこの地域の狩猟規制について調べるのも面倒なので裏を取っていません。が、分かったのはボウ・ハンティングが結構盛んだということです。
話を聞いた人曰く、確実に殺せるほどの殺傷力が銃に比べて劣ることから半矢などで動物を苦しめるだけだとボウ・ハンティングには否定的でした。
話が逸れましたが、この圧縮空気式のエアボウ、Benjamin Pioneer Airbowと言うもので、200気圧、約450fps、30ヤードの距離で2インチ内にまとまるそうな。

日本ではボウガンは許可なく簡単に持てますが(撃つ場所が絶望的にありませんけど)、このエアボウはどのような扱いになるのでしょうかね?


スポンサーサイト

テーマ:本、雑誌 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gunzasshidigest.blog.fc2.com/tb.php/122-25c64502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

45口径のM&P (やはり1911の方がいいか) Oct 28, 2018
ライフル射撃の雑誌 RIFLE SHOOTER Jul 23, 2017
S&WのM&Pを久しぶりに撃ちました Jul 19, 2017
アウトドア専門誌 OUTDDOR LIFE Jul 16, 2017
後装式のフリントロック銃 Jul 08, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link