GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
趣味の海外の実銃雑誌集めのブログです。
当初はすぐに全ての銃雑誌を揃えてしまいネタがなくなるだろうと思っていましたが、後からどんどんと新しい銃雑誌が出てくるので一安心。。。
さすがアメリカ、銃社会です。
また、同じく趣味の実弾射撃も書いています。
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新のルガー Mark IVがリコールされていますね
ふとRuger(ルガー)社のHPを見ると、ルガー Mark IV (マーク フォー)がリコールされていますね。


22口径ピストルでロングセラーのモデルで最近テイクダウンが容易になった最新のMark IVですが、2017年6月1日より以前に製造されたものに欠陥が見つかったようです。

なんでもセーフティの切り替え(安全、発射)レバーを中間位置にしてトリガーを引くと弾は発射されないが、その後にレバーを発射位置にすると暴発するとのこと。
幸いなことにまだ怪我人等は出ていないようで。。。

ちなみに22/45やハンター、タクティカル等全てのモデルが該当して、シリアル番号が401とWBRで始まる番号とのことですんで、どっかで撃つ機会があれば念のため確認しておいた方がいいかの知れませんね。

簡単にテイクダウンが出来てボルトが外せられるようになり好評だっただけに残念ですね。
その後が改修モデルが販売されているので暴発の心配はないようです。

22口径ピストルでは一番好きなルガー Markシリーズです。
ちなみに下はオーストラリアの観光射撃場で撮った、今回とは関係ないMark III(実際は22/45)です。鎖に繋がれて可哀想。。。
201505102122038ef.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gunzasshidigest.blog.fc2.com/tb.php/123-83314c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

ライフル射撃の雑誌 RIFLE SHOOTER Jul 23, 2017
S&WのM&Pを久しぶりに撃ちました Jul 19, 2017
アウトドア専門誌 OUTDDOR LIFE Jul 16, 2017
後装式のフリントロック銃 Jul 08, 2017
XDはスライド後退時にグリップセーフティが引っ込んだままなのね Jul 04, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。