GUN雑誌DIGEST
A GUIDE TO FOREIGN GUN MAGAZINES - 海外実銃雑誌を主に紹介しています。海外実銃雑誌や実弾射撃、その他日々感じたことを書いています。
| 銃総合誌(一般) | 銃総合誌(法執行機関系) | ハンドガン専門誌 | 軍・警察情報誌 | タクティカル系 |
狩猟・スポーツ射撃 | 古式銃、ウエスタン | ミリタリー銃専門誌 |
GUN雑記 | 日本で見れる実銃 | 実弾射撃 |
★★★★★

★ INTRODUCTION

GUN雑誌ダイジェスト

Author:GUN雑誌ダイジェスト
こんにちはっ。
趣味の海外の実銃雑誌集めのブログです。
当初はすぐに全ての銃雑誌を揃えてしまいネタがなくなるだろうと思っていましたが、後からどんどんと新しい銃雑誌が出てくるので一安心。。。
さすがアメリカ、銃社会です。
また、同じく趣味の実弾射撃も書いています。
( ^ ^ )/□

お問い合わせは[メールフォーム]からお願いします。

★ 実銃薬莢



アメリカ本土の実弾射撃場で撃つ

前回書いた「アメリカ本土で実弾射撃場を探す」、「アメリカ本土の実弾射撃場で銃を借りる」の続きで、今回は実際に撃つ時の注意点などを書いてみたいと思います。

銃、射撃場事情は州や地域によって変わりますがここではテキサスの室内射撃場での経験を基に伝えたいと思います。
また、市民権や永住権保持者でない観光やビジネス目的の短期滞在者が、観光射撃場でない一般の射撃場で撃つために参考となるように書いています。

前回でも書きましたが何か事故が起きると困るので初めに下記を十分に読んで理解して下さい。
射撃場で実際に撃つには英語力が必須ですので自信がなければ諦めてください。相手の言っていることが十分理解できなければ重大な事故が起きる可能性が非常に高いので射撃場に行くことをお勧めしません。
これを読んで実践して起きたいかなる事に当ブログは一切責任を持ちませんので完全に自己責任で行ってください。


さあ、銃を借りたら射撃レンジに向かいます。銃は買い物カゴのようなものに入れられて渡される場合が多いかと思います。自分の射撃レーンに入るまでは銃をカゴから出さないようにしておきましょう。
↓ こんな感じのカゴです。
20151104071042ac3.jpg

銃を渡された後にスタッフから射撃レンジでの注意事項を言ってくるので聞き逃さないようにしっかりと聞きます。
私がよく言われた事として、

・レンジでに入る前に必ずイヤーマフとシューティング・グラスをつける事
・レンジ内の自分の射撃レーンの中で装弾する事
・銃は常にターゲット方向に向けておく事
・銃を自分より後ろに向けない事
・射撃レーンから一旦離れる場合は銃を必ず射撃レーンのテーブルにおく事
・複数人で一緒に射撃する場合、銃の受け渡しは手渡し厳禁。誰かに渡すときは必ず銃を射撃レーンのテーブルに置いて渡す事
・何か問題があった場合は銃を射撃レーンのテーブルに置いて一旦下がってレンジ・マスターと呼ばれる射撃レンジのスタッフを呼ぶ事
・レンジ・マスターが「Cease Fire!(シーズ・ファイア)」などと撃ち方やめと言ったら、銃を射撃レーンのテーブルに置いて一旦下がる事

などなど。
たまに長物の場合、射撃レンジへの持ち込みはスタッフが行い、射撃終了後はそのまま射撃レーンのテーブルに置いて射撃レンジの外に出る、というのがありました。

んで、自分の射撃レーンに向かい、テーブルの上に銃と弾ケースを置いてマガジンに弾を込めていきます。。
そしてターゲット・ペーパーをクリップやホチキスで留めて、操作盤で奥の方に移動させます。
ちなみにターゲット・ペーパーは無料だったり、数ドル程度だったりします。
操作盤に距離が表示されるものもあれば、床や壁に描かれた数字で距離を測るところもあるでしょう。
アメリカではメートルは一般的ではなくヤードを使っている場合が多いです。ちなみに1ヤードは91.4cm、10ヤードは9.144メートルです。
20160407213048303.jpeg

バカスカと撃ち終わったら、操作盤でターゲットを戻して、外して、お土産に持って帰るのも良し、いらなければゴミ箱に捨てましょう。
で、銃からマガジンを抜いて、チャンバーに弾が入っていない事を確認して、またカゴに入れて射撃レンジから出ます。くれぐれも銃を手に持って出て行かないように。。。

銃をカウンターに返して、支払いがなければそこでお終いです。
銃を借りるときにパスポートを預けていたら返してくれるでしょう。

ではでは。。。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事と兵器 - ジャンル:趣味・実用

コメント
レンジマスター
ロサンゼルスガンクラブ
アメリカンシューティングセンター
アリゾナの射撃場
すべてレンジマスターいませんでした。
ジャムしても自分で対処・・・まったく誰も見てません。これでいいのか?とは思いましたが
取り扱える人が前提なんでしょうね・・・
だれもいないのも心配ですが、自信があればのびのび撃てます・・・
[2016/04/08 06:43] URL | ドラゴン #aD5n/OBo [ 編集 ]

Re: レンジマスター
誰もいませんでしたか!危ないですね〜〜
そういえば私も小汚い射撃場に行ったときは誰もいませんでしたね。
アメリカらしく全ては自己責任なんでしょうね。
確かにのびのびと撃てます。写真撮影にも没頭できますし。。。
[2016/04/08 20:55] URL | GUN雑誌ダイジェスト #- [ 編集 ]

撮影・・・
撮影禁止が多くなってます、観光射撃場。
したがって撮影可能なとこにしか行かないようにしています。
インストラクターさんにカメラ渡してもあまり撮ってくれません・・・
カメラとチップを最初に渡したらめちゃ撮ってくれました。
もっと写真撮りたいのですが、射撃場だとおちついて撮影出来ないですね。
とくに観光射撃場だとはよせんかいな雰囲気です。
グアムGOSRは親切に撮ってましたよ。
家は複数でしたので頼みませんでしたが、一緒の組の人、ずーとビデオ撮影してもらってました。
やはりゆっくり撮影したいものですね~
[2016/04/10 10:02] URL | ドラゴン #aD5n/OBo [ 編集 ]

紹介
言霊百神

おほもと
[2016/04/16 20:16] URL | 辻 #- [ 編集 ]

Re: 撮影・・・
返信遅れました。
最近は観光射撃場に行けてないのですが撮影禁止とは残念ですね。
一般射撃場ならともかく、観光射撃場なんだから写真撮らなきゃ意味がない気がします。
せっかく実銃を手にするのに写真で残せないとは、、、そーゆーとこは行かない方が良いですね
[2016/04/18 13:07] URL | GUN雑誌ダイジェスト #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gunzasshidigest.blog.fc2.com/tb.php/94-43d88765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
★ ブログ記事検索

★ WHAT'S NEW

45口径のM&P (やはり1911の方がいいか) Oct 28, 2018
ライフル射撃の雑誌 RIFLE SHOOTER Jul 23, 2017
S&WのM&Pを久しぶりに撃ちました Jul 19, 2017
アウトドア専門誌 OUTDDOR LIFE Jul 16, 2017
後装式のフリントロック銃 Jul 08, 2017

★ MENU

U.S.A.
Guam
Vietnam
China
Recoil
AR-15
Trigger

★ 広告

★ COMMENTS

★ LINKS

このブログをリンクに追加する

★ RSS Link